ナレーターコースでは?

声のプロの仕事で一番人気が高いのは声優ですが、ナレーターを育成する学部も人気があります。専門学校ではナレーターを育てる学部も存在しており、その学部も未来の一流ナレーターを育成しようと様々なカリキュラムを組んでいます。

学生ナレーターの仕事と言われると少し考えてしまう人もいるかもしれませんが、ナレーターの仕事は非常に多く、CMや映画などを始め、様々なテレビ番組で流れる語りをすることが主な仕事になります。その為、様々な場面で様々な声を出す必要があるため、専門学校でもボイストレーニングを始め、不特定多数の人達に聞かれていても違和感無く聞いてもらう為に、出来ているようで出来ていない人が多い、正しい日本語の発声練習などを専門学校の教師の元に行われております。

また、ナレーターの仕事はメディア関係の語りだけではなく、イベントや企業の商品発表会で活躍する事もあるため、現場での突然のトラブルなどにも対応出来るように、とっさの言葉選びや柔軟な対応力を鍛えるトレーニングも専門学校でのカリキュラムに組まれています。様々な仕事をこなすナレーターの仕事を短期間で覚え、一人前にさせるために厳しいトレーニングを行い、しっかりとしたナレーターになれるような授業内容が特徴です。