声の専門学校で何が学べるのか?

学校様々な仕事がある現代社会では、今現在学生をしている人は将来どんな仕事に就くのだろうと疑問を感じていたり、現在やりたいことが明確にあるため、その仕事に就けるように努力をしている人など様々な学生がいるかと思います。

様々な仕事がある現在で最近少しずつ注目を浴びている仕事で声を使った仕事が若い人を中心に人気を集めてきています。声の仕事と聞くとほとんどの人が声優を思い浮かべるかと思いますが、それ以外にもナレーターやアナウンサーなど様々な分野で自分の声を仕事として扱っている仕事はあり、その声の専門学校なども少しずつですが増えてきています

疑問なのは声の専門学校でどの様なカリキュラムを組んでいるのかということですが、専門学校により多少の違いはありますが、ほとんどの学校でボイストレーニングを始め、実際に芝居作りをしながら声をだす基礎演技、演技の中から声優表現を学ぶ声優基礎、ナレーション実習や音感を鍛えるトレーニングなど様々なカリキュラムを行っています

声優コース、ナレーションコース、アナウンサーコースにより若干の違いは出てきますが、声の専門学校では有名なプロになってほしいという願いを込めて様々なカリキュラムを実施しています。入学した人間の全てが声優やアナウンサーなどの職に就ける訳ではないので、その中でもどうしても競争が起きてしまいますが、その中でも厳しいトレーニングを続けられた人が声のプロとして専門学校から現場に出ることが出来ます。