アナウンサーコースでは?

女の子声のプロとして一番メディアに現れる仕事がアナウンサーです。芸能人のようにメディアに登場する機会が多く、男女問わずに人気の職業だと言えるでしょう。もちろん専門学校でもアナウンサーを育てる学部も存在しており、アナウンサーとしての基本的な発声練習や言葉のアクセント指導、言葉の滑舌チェックなど様々なカリキュラムを組んでいます。

また、アナウンサーは生放送で原稿を読むため、感情のコントロールの方法や、その映像に合わせた原稿の読み方やそして何より、自身という個性を出せるように自分らしい原稿の読み方などを行っています。アナウンサーを育成する専門学校はまだそれほど数が多くなく、入学をするだけでも狭き門を通らなければなりませんが、企業のパイプも多くあり、就職先の斡旋にも強いという特徴もあります。

誰もが知っている大手の企業から地域に密着した企業まで多くあり、その中から自身で選べるというのはアナウンサーを育成する専門学校の強いメリットだと思います。

もちろん、短期間でアナウンサーとして世間に送り出すために、当然授業内容などは厳しく、ついていけない生徒は置いていかれてしまうということは否定は出来ません。しかし、アナウンサーという非常に魅力がある仕事に就けるように専門学校の先生方は様々なアドバイスをしてくれ、常に指導をしてくれます。

専門学校に行かないで直接企業に面接をすることも出来ますが、アナウンサー学部がある専門学校からならそれだけでも一つの志望理由になりますし、経験も多く積めるため、アナウンサーを志しているのであれば、調べてみることに損はありません。

参照リンク≪アナウンサー学部|大原学園

ナレーターコースでは?

声のプロの仕事で一番人気が高いのは声優ですが、ナレーターを育成する学部も人気があります。専門学校ではナレーターを育てる学部も存在しており、その学部も未来の一流ナレーターを育成しようと様々なカリキュラムを組んでいます。

学生ナレーターの仕事と言われると少し考えてしまう人もいるかもしれませんが、ナレーターの仕事は非常に多く、CMや映画などを始め、様々なテレビ番組で流れる語りをすることが主な仕事になります。その為、様々な場面で様々な声を出す必要があるため、専門学校でもボイストレーニングを始め、不特定多数の人達に聞かれていても違和感無く聞いてもらう為に、出来ているようで出来ていない人が多い、正しい日本語の発声練習などを専門学校の教師の元に行われております。

また、ナレーターの仕事はメディア関係の語りだけではなく、イベントや企業の商品発表会で活躍する事もあるため、現場での突然のトラブルなどにも対応出来るように、とっさの言葉選びや柔軟な対応力を鍛えるトレーニングも専門学校でのカリキュラムに組まれています。様々な仕事をこなすナレーターの仕事を短期間で覚え、一人前にさせるために厳しいトレーニングを行い、しっかりとしたナレーターになれるような授業内容が特徴です。

声優コースでは?

声の専門学校で学ぶ人気のある学部は、声優という仕事が一番人気があります。様々なアニメなどを見て育ってきた世代なら一度は憧れたことがある職業だと思いますし、最近では声優が芸能活動もする時代になってきているので、それも含めて声の専門学校の人気学部というるでしょう。

女の子そんな声優コースではどの様なカリキュラムを専門学校でおこなっているのでしょうか?基本的にはまだまだ素人の人間を専門学校在学中の二年間で一人前にしていくために、発声練習などのボイストレーニングや映像などを見ながらのアテレコなどの基礎トレーニングを始め、実際に現場に出て、プロの現場の空気を体験するなど様々なカリキュラムが組まれています。また自分達で自主トレーニングをする際にどの様なトレーニングを行えばいいのかを専門の先生方が指導してくれるので、先生方の指導に従っていればある程度のレベルには達することが可能です。

もちろん超一流と言われるプロになるためには、専門学校を卒業をしてからも様々なトレーニングをする必要がありますが、その超一流になるための基礎などをしっかりと教えてくれ、声優業界に入るための道しるべになってくれることは間違いありません。

声の専門学校で何が学べるのか?

学校様々な仕事がある現代社会では、今現在学生をしている人は将来どんな仕事に就くのだろうと疑問を感じていたり、現在やりたいことが明確にあるため、その仕事に就けるように努力をしている人など様々な学生がいるかと思います。

様々な仕事がある現在で最近少しずつ注目を浴びている仕事で声を使った仕事が若い人を中心に人気を集めてきています。声の仕事と聞くとほとんどの人が声優を思い浮かべるかと思いますが、それ以外にもナレーターやアナウンサーなど様々な分野で自分の声を仕事として扱っている仕事はあり、その声の専門学校なども少しずつですが増えてきています

疑問なのは声の専門学校でどの様なカリキュラムを組んでいるのかということですが、専門学校により多少の違いはありますが、ほとんどの学校でボイストレーニングを始め、実際に芝居作りをしながら声をだす基礎演技、演技の中から声優表現を学ぶ声優基礎、ナレーション実習や音感を鍛えるトレーニングなど様々なカリキュラムを行っています

声優コース、ナレーションコース、アナウンサーコースにより若干の違いは出てきますが、声の専門学校では有名なプロになってほしいという願いを込めて様々なカリキュラムを実施しています。入学した人間の全てが声優やアナウンサーなどの職に就ける訳ではないので、その中でもどうしても競争が起きてしまいますが、その中でも厳しいトレーニングを続けられた人が声のプロとして専門学校から現場に出ることが出来ます。